T-style.com
default blue gray orange pinkRSS1.0
 姫路発。地域情報、ブログ・Web関連、サッカーなど気ままに更新中
 
BLOG TOP > カテゴリー [[soccer] サッカー ]

arrow-list-red.gif北海道エリアarrow-list-red.gif東北エリアarrow-list-red.gif関東エリア
arrow-list-red.gif北陸・甲信越エリアarrow-list-red.gif関西エリアarrow-list-red.gif中国エリア
arrow-list-red.gif四国エリアarrow-list-red.gif九州エリアarrow-list-red.gif沖縄エリア

スポンサーサイト

--'--.--.--  コメント : -  トラックバック : -  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索
- カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

韓国にPK戦の末、敗退。結果4位(AFCアジアカップ2007)

2007'07.29.Sun    0    0  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索

テーマ:サッカー日本代表 - カテゴリ:[soccer] サッカー

AFCアジアカップ2007、3位決定戦の韓国戦。序盤にペースを握ったのは日本。左サイドを中心に攻め立て、何度かペナルティーエリアに迫るが、韓国の粘り強い守備に決定機を阻まれる。前半は0-0で終えた。
後半、中盤で激しくボールの奪い合いをしていた両チームだが、11分に韓国はカン・ミンスが2枚目の警告を受け退場処分に。その後は日本が完全にペースを握り、何度も韓国ゴールに迫ったが、GKイ・ウンジェの壁を破れず、0-0のまま試合は延長戦に突入。体力の消耗が激しく、疲労が目立った延長戦は、互いにファウルが多くなり、韓国の守備陣を破れず、勝負の行方はPK戦に。韓国は全員が成功させたが、日本は6人目の羽生がGKに止められ、万事休す。日本の今大会の成績は、4位という結果に終わった。
サッカー日本代表

日本 0 0-0
0-0
0-0
0-0
5(PK)6
0 韓国
得点

2005年8月以来となる久しぶりの日韓戦は消耗戦でしたね。それに大荒れでした。審判に暴言を吐いて?韓国の監督やコーチが退場になる始末。やはり後半途中ぐらいからかなりエキサイトしていましたね。でも、韓国はスピードもあるし、巧かった。
最後はPKで羽生が外し、負けましたが羽生の責任ではないと思います。中村憲剛と交代と同時にチームの勢いを作ってくれましたからね。個々の選手よりも後半序盤で韓国の選手が一人退場になって俄然日本有利の上、あれだけチャンスを決めれなかったチーム全体の責任だと思います。技術的にはそんなに変わらないと思いますが、とにかく勝ちたいという姿勢、そしてメンタル面の違いを感じ、また決定力のなさを痛感した試合でした。スピードのあるサッカーに少しずつ変わりつつありますが、その辺りはドイツW杯の時と何一つ変わっていない印象を受けました。PK戦まで何とか勝ってくれると思っていただけになかなか辛い1戦でした。 3連覇をかけたアジアカップ2007、日本は残念ながら4位という結果で終わりました。3位と4位とでは大きな違いが有り、次のアジアカップでのシード権がなくなり1からのスタート。まぁ、仕方ないですね。
形は出来てきていると思うのであと一歩だと思うんですよね。そのあと一歩がなかなか難しい。結果はあまり良くなかったけどオシム監督にはそのまま続けてもらいたいし、まだまだこれからの日本代表に期待したいと思います。

関連リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

サウジに完敗、日本連覇ならず(AFCアジアカップ2007)

2007'07.26.Thu    2    0  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索

テーマ:サッカー日本代表 - カテゴリ:[soccer] サッカー

日本は豊富な運動量を誇ったサウジアラビアから一度もリードを奪えず、競り負けた。先制を許した2分後の前半37分、遠藤の左CKを中沢が頭で押し込んで同点。後半2分に再び勝ち越されると、同8分には阿部のオーバーヘッドで追いついた。しかし、4分後に左サイドを崩され、サウジアラビアのハサウィに、この日2点目のゴールを奪われた。
終盤はゴール前で同点のチャンスを作ったが、生かせなかった。監督就任後、強化の柱として俊敏性やスピードを生かす「日本化」を掲げたが、その道のりはまだ遠い。厳しい現実を突きつけられる敗戦となった。
サッカー日本代表

日本 2 1-1
1-2
3 サウジアラビア
中澤(前半37分)、阿部(後半8分) 得点 ヤセル(前半35分)、マレク(後半2分・後半12分)

準決勝サウジアラビア戦負けてしまいましたね。完敗です。サウジうまいですね。攻めのスピードも速いし、確実に決めれる決定力。見習いたいところが多いです。中澤のヘディング、阿部のボレーは良かったです。ただ、相手の方が一枚上手でした。 高原、俊輔はマークがきつくなかなか仕事をさせてもらえませんでしたね。ルーズボールをなかなか拾えないのも辛かった。この試合では日本の良いところがあまり出ず、悪い所ばかりが出てしまいましたね。まず、ボールを持ってからモタモタしすぎ。特にサイド(駒野・加地)。横にいくらパスを回しても駄目。後ろに戻すのも・・・。ボールをもらったら前を向かないと。無駄な動き、そしてパスが多い試合でした。ここぞという時にドリブル突破できる選手が日本に欲しいところですね。取られてもいいのでパスを回して他力本願ではなく自分がやってやるんだという気持ちを持った選手が必要だと思います。

3位決定戦、相手は韓国ですね。久しぶりの日韓戦です。これはこれで楽しみだったりします。オシム監督になってから確実に日本代表は変わりつつあると思うので優勝争いできないのは残念ですがあと1戦、良い試合をしてほしいですね。

関連リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

オーストラリアにPK戦の末勝利(AFCアジアカップ2007)

2007'07.22.Sun    0    0  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索

テーマ:サッカー日本代表 - カテゴリ:[soccer] サッカー

サッカー日本代表はベスト4進出を懸けてオーストラリアとの準々決勝を行った。
試合が烏動いたのは後半24分、セットプレーから先制点を奪われたが、その3分後、高原のゴールですぐさま同点に追いついた。その後も1人少ない相手に対して優勢に試合を進めたがゴールを奪えず、試合は延長戦に。日本が終始相手ゴールを攻め立てたが、オーストラリアのディフェンスを崩せずPK戦に突入。GK川口がオーストラリアの2本のPKをストップすると、日本は4人が成功し4-3で勝利を収め、準決勝に駒を進めた。
サッカー日本代表

日本 1 1-1
0-0
0-0
0-0
4(PK)3
1 オーストラリア
高原(後半27分) 得点 アロイージ(後半24分)

アジア杯、準々決勝オーストラリア戦。本当運命の一戦ですよね。さすがに今までの試合とは違い辛い一戦でした。オーストラリアは前半途中から動きが徐々にとまりだし、日本ペースでしたね。でも、そんな中オーストラリアに先制を許してしまう。また勝てへんのか!?なんて頭をよぎりましたが、すぐさま高原が同点ゴール。高原最高です。粘り強くなりましたよね。ゴール前では頼もしい存在です。巻もあまり目立ちませんがゴール前でポストプレーなど体を張ったプレーが多く好印象でした。守備も中澤を筆頭に頑張ってましたよね。ビドゥカを完璧に抑えてましたしね。中村憲剛のがむしゃらなプレーも良かったです。
レッドカードで相手が一人減り日本有利で試合が進む中延長もなかなか点が奪えずPK戦へ・・・。PKって本当ドキドキしますよね。緊張が漂う中やはり川口がやってくれました。前のアジア杯を思い出させる連続セーブ。最高ですね。途中から落ち着いて見れました。高原が外した時は少し焦りましたが。オーストラリア戦、W杯の時並みに目が離せない一進一退の攻防で興奮した試合でした。少しグダグダした時間が流れた時もあったけど良い試合でW杯のリベンジを晴らしましたね。

準決勝の相手はサウジかウズベキスタン。多分サウジが来るだろうなぁ。楽しみですね。

関連リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

準々決勝、対戦相手はオーストラリア(AFCアジアカップ2007)

2007'07.18.Wed    0    0  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索

テーマ:サッカー日本代表 - カテゴリ:[soccer] サッカー

B組1位通過を決めたサッカー日本代表の準々決勝の相手はA組2位のオーストラリア。オーストラリアはオマーンに引き分け、イラクに3-1で負け、1敗1分けとかなり厳しい条件だと思ったのですがタイに4-0で勝って2位通過。やはりきましたね。何となく当たるのではないかと思ってました。AFCアジアカップ2007

オーストライアとは昨年のドイツW杯では初戦で当たり、負けを喫している。悪夢の後半終了間際。ここでまた当たるとは運命ともいうべきか。FWビドゥカやケーヒルなど日本を苦しめたW杯のメンバーをほとんど召集し、アジア杯初参加でオーストラリアは怖い存在でもあります。なかなか厳しいですね。でも、ここを乗り越えなければ次のW杯ではオーストラリアはアジア枠に入ってくるので日本はW杯出場すら危なくなるかもしれません。ただ、日本は監督もオシム監督に代わり、W杯の時とは違いメンバーががらりと変わっています。メンバー構成、フォーメーション、オシム監督の采配も注目ですね。まだ、オシムジャパンになってから間もないですが、日本代表が変わったところを試合で見せて欲しいです。

楽しみな一戦となりそうです。こんなに面白い対戦カードはなかなかないですね。是非ともW杯の雪辱を果たしてほしいです。ここで勝って優勝への弾みをつけてほしいですね。

リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

ベトナムに快勝し、首位通過(AFCアジアカップ2007)

2007'07.16.Mon    0    0  
このエントリーをはてなブックマークに追加 Save This Page to del.icio.us このエントリーをlivedoorクリップに追加 newsing it! このエントリーをGoogleBookmark に追加 このエントリーをBuzzurlに追加 このエントリーをTechnorati に追加 このエントリーをFC2ブックマークに追加タグで記事を検索するタグ検索

テーマ:サッカー日本代表 - カテゴリ:[soccer] サッカー

日本は、前半7分にCKからベトナムに先制点を許す苦しい立ち上がり。しかし、12分に巻が中村俊のクロスを押し込んですぐさま同点に追いつく。その後は、ホームの声援を背に受けるベトナムが攻めてきたが、地力に勝る日本が押し返してチャンスを作る。
31分にはFKを遠藤が直接決め、後半7分には中村俊輔が右足で決めて3点目。さらに14分には巻がこの日2点目のゴールで4-1とリードを広げた。結局、追加点は奪えなかったものの、4-1で完勝しB組1位通過を決めた。日本は、21日にベスト4を懸けてA組の2位と対戦する。
サッカー日本代表

日本 4 2-1
2-0
1 ベトナム
巻誠一郎(前半12分・後半14分)
遠藤保仁(前半31分)、中村俊輔(後半7分)
得点 オウンゴール(前半7分)

完全アウェイで迎えたグループステージ第3戦ベトナム戦。ベトナムのホームということで応援がすごかったですね。前半、ベトナムは引いて守り一気にカウンターという感じでなかなか攻めづらそうでした。そんな中鈴木のオウンゴール。何か雰囲気的にヤバイなと思った時でした。先制点を許した時は驚きましたね。でも、そこから日本が徐々にペースを握り出し良い展開へ。久しぶりの巻のゴール良かったですね。それも2点。遠藤のFKは完璧でした。俊輔のクロス、そして右足での確実なゴールも良かったです。早いパス回しからのゴールまでの展開も良かったですね。前半、始まったばかりの時はやはりベトナムのホームということで勢いがありましたが、落ち着いてプレーができたのが良かったと思います。UAEがカタールに勝った為、ベトナムは2位通過。

それにしても他グループで優勝候補のオーストラリア、韓国とかなり苦戦しているようですね。現時点でグループAオーストラリアは3位。グループD韓国は最下位。特に初参加のオーストラリアはかなり厳しいです。意外ですね。対イラク戦を観戦しましたが、イラクの早い攻めにオーストラリアはついていけていない感じでした。W杯でのあの強さはどこにいったんだか。これからの展開に注目です。

いよいよ次は決勝トーナメントでA組2位との対戦ですね。展開によってはオーストラリアと当たるかもしれません。どこと対戦するか分かりませんが楽しみですね。

関連リンク



ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ[参考になりましたらクリックよろしくお願いします。]

あなたも容量1GBでデザイン・カスタマイズ自由なFC2ブログをはじめませんか?開設はこちら>>>

前頁へ移動する   トップへ戻る    次頁へ移動する

▲このページのトップへ
Total  Tday  Yday  Online: RSS feed meter for http://tomytaku.blog14.fc2.com/
Copyright© 2006 T-style.com ALL Rights Reserved.
アイコンカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。